オフィスレイアウトの事ならオフィスのはてな?

席順のマナー-ビジネスマナー

車や新幹線の席でも席順があります。出張が多いビジネスマンには、必須項目の席順マナー。人数により席順が変化する場合があるので、注意が必要です。


会議室での席順

入り口に近く雑用を済ませるのに便利な席が下座、会議室の最も奥が上座。議長席が、奥の真ん中となり、以下上座から向かって左、右と交互に奥の席から上司に座っていただきます。



応接室の席順

3人掛けの場合

イラストの左側が自社スタッフ、右側が客側。3名などの場合席の真ん中に中心となって話すトップが座ります。2名の場合は、入り口に近い方が末席となります。

また、イスのレイアウトとして入り口から遠い席、ソファタイプのものがお客様用。入り口に近い席で肘掛イスのものが社内用となります。

役員室に通された場合も同様ですが、デスクがある場合、その前に置かれた肘掛イスに社内スタッフが座ります。

-


和室の場合

和室の場合、席順を決める基準になるのは「床の間」。

最上席は、床柱を背にする位置。次が床脇棚の前となります。

イラストの場合、床の間の前、左側が来客席、右側が接客側となります。

もし、会社内の人間のみ場合は、①「床の間を背にした席」かつ「入り口に遠い席」が最上席となり、②「床の間を背にした席」かつ「入り口に近い席」、③「床の間を正面にした席」かつ「入り口に遠い席」、④「床の間を正面にした席」かつ「入り口に近い席」の順となります。

-


車での席順

タクシーの場合

①~④が役職順。たとえば、①を社長、④を新入社員としましょう。
基本的には席順はイラストの通り。けれど、タクシーは通常左のドアから開閉するので、左ドア側のドアを好む上司もいます。その場合、席を無理に勧め必要はありません。
④の新入社員は運転手に目的地を告げること、精算を行うことが仕事となります。すばやく料金が払えるように、小銭の準備をしておきましょう。

-


取引先の人や上司が運転する場合

原則として助手席が最上席となり、②「後部座席の乗車口に遠い席」、③「後部座席の乗車口に近い席」、④「後部座席の真ん中席」の順となります。

※同乗者が女性や年配者である場合、衣服が乱れにくく乗り降りしやすい助手席や後部座席の乗車口に近い席にお座り頂いた方が良いことがあるので、柔軟に対応しましょう。

-


新幹線での席順

窓側が上座、通路側が下座という基本はかわりませんが、ボックス席の場合、進行方向によっても席順が変わります。ボックス席の場合、①「窓側の席」かつ「進行方向に向いている席」が最上席となり、②「窓側の席」かつ「進行方向を背にした 席」、③「通路側の席」かつ「進行方向に向いている席」、④「通路側の席」かつ「進行方向を背にした席」、⑤「進行方向を向いている席」、⑥「進行方向を 背にした席」の順となります。

列車の場合、「窓側の席」、「進行方向に向いている席」が最上席となります。
また、複数の列席に分かれる場合は「後列席」より「前列席」、複数人掛け席の場合は「3人席」より「2人席」(より少ない方)が上席となります。

ただ、窓側でも太陽が眩しい場合など、状況によっては席を変わるなどの対応をしましょう。

寝台列車の場合

昇り降りをしなくてすむ下の段が上席となります。

-


エレベータでの席順

順番の基準は「手前より奥、右より左が上席」。 ですから、最上席は、左奥の位置となります。 ただし操作盤が右手前の位置にある場合に限り、最上席も右奥へと入れ替わります。

エレベーターを利用する際は、基本的に「乗る時も降りる時も、お客様が先」。

ただしオペレーターのいないエレベーターについては、末席の人が「お先に失礼いたします」と 一言添えてから先に乗り、ボタンを押してお客様が乗るのを待ちます。

オペレーターのいるエレベーターの場合、末席の人はお客様が乗るまでドアを 押さえる、もしくは外のボタンを押しておくようにして、自らは最後に乗ります。

この時、お客様に背を向けないよう、少し身体をななめに向けておきましょう。 エレベーターから降りる時も、お客様が先となります。 扉が閉まらないようにドアを押さえるか、「開」ボタンを押しておきましょう。



-